トップ

ウェディングブーケでの演出

ウェディングに花束

ブーケによるウェディングの演出

ウェディングにおいてブーケによる演出といえば、ブーケトスが主なものです。花嫁が挙式後にブーケを後ろ向きで投げ、それを受け取った未婚女性が幸せな結婚をする、次の花嫁になれるなどのジンクスによる演出で、幸せのおすそわけという意味合いも込められています。ブーケは形によって種類があり、ウェディングドレスの形に合ったデザインにするとお互いが引き立ちます。また、花婿の襟に飾る花をブートニアと呼び、ブーケ・ブートニアには同じ花を使うことが通例となっています。これは、ブーケ・ブートニアの謂われから来ているもので、花嫁が花婿から贈られた花束から一輪を返すことがプロポーズの了承とされたためです。

ツリー

ブーケ・ブートニアの演出

ウェディングで花嫁が持つブーケと、花婿の左胸につけるブートニアにはそれぞれに意味があります。まず、ブーケです。ブーケは、花嫁が身につけるため、華やかさが増します。そして、挙式の後になどに行う、ブーケトスなどのブーケは花嫁のブーケより小さくなければなりません。花嫁が引き立たなくなるためです。そして、ブートニアの意味は、プロポーズのときに男性が女性に花を渡し、プロポーズにOKであったら、男性の胸に女性が差し出された花を胸に入れるという、西洋の名残がブートニアに由来します。このように、ウェディングの場での演出でブーケ・ブートニアは欠かせません。

↑PAGE TOP

© Copyright ウェディングブーケでの演出. All rights reserved.